BPDとその日暮らし

BPD(境界性パーソナリティ障害)と気分循環性障害(双極性障害)を抱えた無職(20代)の日々。母親は昨今で言う毒親、恋人とは共依存。

※BPDのメモ帳から一部記事を引っ越しました

あたり前が出来た時に


 彼が家に来て、私の母親にこっぴどく人生観などを唱えられていると、大抵彼の凹んだ様子が伺える。彼には悪いけれど、普段実際に顔を合わせずに彼との言葉のやり取りをする私にとってはそれがとても新鮮だと感じる。よく毎日顔を合わせるカップルほど別れるなんて偉そうに言う人がいるが、要するにこういう発見が減って互いを見なくなってしまうことを恐れているのかもしれない。


 驚くほど彼は本心を曲げない、それは私もお互いさまで、私に至っては感情的にももっと激しいからある意味恐ろしい組み合わせな気がする。でも今までお互いに譲らずに終わってしまったことは少ないかゼロだった。最終的にはどちらかが譲るか互いに譲り合う。
 性的な気持ちで場に流されているのは若さなのか、それって当たり前の夫婦像なのか。
 これからもこんな風に生きていけるのか。


 ある一日の幸せでそんなことが考え付くだけ、まだうまくいっていると思うことにした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。