BPDとその日暮らし

BPD(境界性パーソナリティ障害)と気分循環性障害(双極性障害)を抱えた無職(20代)の日々。母親は昨今で言う毒親、恋人とは共依存。

※BPDのメモ帳から一部記事を引っ越しました

地元が嫌い


 地元が嫌いなのは後ろめたいことがある、というわけでもない。
 恋人を連れてふらふら歩いていたりもするし、友人が全くいないわけでもない。最近はみんな忙しそうだけど。


 精神科に入院するようになり、大学に進学できなくなった当時は誰にも会いたくなかった。正直今でもあまり人に会いたくはないがそれは生まれつきの性格でもある。
 数年前から恋人の友人繋がりや元々の共通の友人とよく社交的に付き合えるようになった。ひきこもりといっても、多少は社交的なひきこもりになれた。


 そう、だから自信がないわけじゃないはず。




 よく自分は貧相な見た目なせいか変な人に絡まれる。


 この間も地元の電車の中で目の前に座っていた30代前後のスウェット姿の二人組の女にちょっかいを出されていた。いじめやすそうな見た目に見えるのだろうか。カラオケ帰りで耳が遠かったので無視を決め込むことは出来たが、その二人組の周りだけ席がいっぱいなのに誰も座ろうとはしなかった。というか私よりも年上であんな格好で出歩いている女性だから、精神科でよく見かける人の類なんだろうなとは思って我慢できた。自分もそういう点では中身は似たりよったりなのかもしれないのだから。


 それでも我慢できない、恐怖を感じたことがひとつ。
 その二人組が私の最寄り駅で降りたのだ。片方の肥満気味の女性は足を悪くしながら歩いていた。正直、障害年金か生活保護を貰っているような人なんだろうなと改札で駅員に何かを見せている様子を通り過ぎざまに確認した。


 こんな柄の悪い人が住んでいる地元が本当に嫌いになった。




 そしてここ最近また駅前の駐輪場に停めることがある自転車に尿をかけられていることがあった。防犯カメラもついていて人通りもあるような場所で本当にやったのか?と疑問もあったが、ここしばらくのおしっこ臭いと感じていた原因がわかって発狂しそうである。


 恋人にはやく部屋を探そうと焦らせたくもなる。
 こんな故郷ははやく捨てるべきなのだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。