BPDとその日暮らし

BPD(境界性パーソナリティ障害)と気分循環性障害(双極性障害)を抱えた無職(20代)の日々。母親は昨今で言う毒親、恋人とは共依存。

※BPDのメモ帳から一部記事を引っ越しました

再通院、4回目の受診日


 ムラゴンの記事作成画面が変更されてちょっと慣れない感じで書いています。

 暖かくなったらアメブロあたりにお引越ししようか迷っています。




 朝が起きれなくて辛かったのですが、4回目の受診日に行くことができました。ただそう考えると、まだ満6週間しか薬を飲んでいないことになります。たったこの6週間で色々と日常生活が充実してきたのは、薬より身の回りの人のお陰が大きいかもしれません。


 レクサプロを継続したままという感じで現在は眠剤は出ていないです。働き始めたら眠れないと不安になるので眠剤が欲しくなるのですが、今のところはまだ仕事に入っていないのですこし夜更かし朝はすこし遅いスタイルで睡眠時間を維持しています。


 そして、同棲先での病院探しの為に紹介状をいただきました。

 たぶん双極Ⅱ型か、気分循環性障害か、境界性人格障害あたりの所見が書いてあるのだろうなぁとは憶測がついているのですが、とりあえずこの先安定して治療が出来ればいいので何が書いてあっても今回は気にしていません。精神科を転々としてきて今まではすごく紹介状の中身が気になっていました。いまではほとんどの病名をころころと付け替えられてもう何でもいいからっていうのが本音かもしれません。


 転院先はある程度目途をつけているのですが、まだ確実には決めていないので少し不安です。自立支援は住民票が都道府県を移動すると再申請しないといけないので、時間や金銭的にも最初はネットの情報だけで病院を選ぶことになりそうです…



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。