BPDとその日暮らし

BPD(境界性パーソナリティ障害)と気分循環性障害(双極性障害)を抱えた無職(20代)の日々。母親は昨今で言う毒親、恋人とは共依存。

※BPDのメモ帳から一部記事を引っ越しました

普通の人になりたい


 ブログを更新する機会を見失っていました。


 ここ数週間であった心境や環境の変化のことについて。

 働こうと思っていたのだけれど面接に一度落ちてからまた自信喪失してどうにも働きたい意欲が湧かなくなってしまったこと。これは自分の中でも鬱っぽくなる落ち込む原因です。なんだかどこを受けてもダメな気がするのです。実際ここ数年いままで受けてきた面接で落ち始めてからを含めると5回連続で面接で落ちてます。しかも時給が低いバイトからそこそこのパートまで共通の商売というわけでもなく受けてきました。共通点は接客業ということだけです。


 接客業がダメならどんな仕事なら面接が通るんでしょう。

 自分でもわかりません。たぶん面接の時点で私は変な人なんでしょうか。精神疾患についてはどこも伏せて受けてますし、履歴書がダメなのかと思うこともありますが履歴書も正直ぼやかして書いたり学歴もいらない部分は削ったりと全てまちまちです。


 精神疾患があるように見えるんでしょうか。


 もしそうなら自分はどんな面接に行ってもダメなんだろうなって感じます。自分では病気がよくなってると思って面接に行くのにどこもダメで、じゃあこのまま家にひきこもって療養しているほうが自分の為なのかとか。

 出来たら働いてほしいという恋人の気持ちもわかるし、働いて好きなもの買ったり今まで考えもできなかった未来の自分に投資できる日々を期待していた自分も悔しくて心の奥底で泣いている。


 それでも逃げ出したい、放り投げてしまいたい自暴自棄の自分がいる。




 在宅の仕事は?なんて彼は簡単に言うけど、在宅で稼げる仕事なんて言うのはスキルがある人だけの世界であって正社員になったこともない不登校からのひきこもりにはそんな仕事は存在しない。

 どんなに昔勉強ができたって、大学にも行かなかった自分にはそういう道はなかったりする。


 いまから学校に行くお金もない。

 正社員じゃない普通のバイトも通らない。


 社会から必要とされてない。


 そこまで追い詰められても、昔通ったメンタルクリニックの先生は障害手帳の申請も年金の申請も許してくれなかったことを思い出す。それから私は1度任意入院をして、措置入院も受けた。母親の老後のお金を切り崩してしまうことになった。

 誰に助けてを言えばよかったんだろう。

 この先はきっと入院するお金もないだろう。


 その時は彼に捨てられてしまうのだろうか。

 母を飢えさせるんだろうか。


 私は生きていていい人間なんだろうか。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。