BPDとその日暮らし

BPD(境界性パーソナリティ障害)と気分循環性障害(双極性障害)を抱えた無職(20代)の日々。母親は昨今で言う毒親、恋人とは共依存。

※BPDのメモ帳から一部記事を引っ越しました

憂鬱の蓄積、僅かな嬉しさ

今回はスマートフォンで書いているので読みにくい場合は申し訳ないです。


実はこのブログで5月8日に新宿で行われたNHKハートフォーラム テーマ:境界性パーソナリティ障害についてすぐ書こうと思っていたのですが、フォーラムに行ってからどんどん鬱の波に引きずり込まれ、帰宅後即OD、後から帰ってきた彼にゲロまみれのところを介抱されて大変なことになっていました。


翌日は朝から布団を洗濯したりと元気に過ごしていたのですが、その後から今日まで情緒不安定で病院にも行けずに今に至ります。


夕方、病院に再予約の電話を入れたらなんと来週の火曜日まで空いてませんと…… かなり疲弊していたので、来週の火曜日までの間に他の病院で頓服をいただいてもいいですか?と電話先で二度尋ねるも、じゃあ来週の火曜日でと言われガシャッと切られる。


まだ2回しか通ってないのにこの対応をされ、もう病院行きたくないやと予約票をビリビリに破きました。

担当医はいい先生だと思うからとりあえず、火曜日に病院に行って色んな話をしようと思いますがいろいろこじれたらはやくも転院があり得ます…


看護師やソーシャルワーカーさんが沢山いていい病院だと思っていたので残念です。




加えて彼と喧嘩をしていて、君は病気じゃなくて我儘な性格なのだと言われました。

怒った彼の本音を聞いてしまい、どんどん底なしの沼に吸い込まれていくようです。


私が病院に行くことを毛嫌いしていたのはそういうことだったのかと。


彼の眼に映る私はどんな人間なのでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。