BPDとその日暮らし

BPD(境界性パーソナリティ障害)と気分循環性障害(双極性障害)を抱えた無職(20代)の日々。母親は昨今で言う毒親、恋人とは共依存。

※BPDのメモ帳から一部記事を引っ越しました

毒親の時が70%、優しい時が30%

(この記事は前blogからの一部転載・修正したものです)


 母親という存在について書こうか迷った。
 私の母親は最近のキーワードでいう、「毒親」というものだから。ただこれを私が言っても、私が未だに若く反抗的であるからとか、少し過保護なだけとか、精神病を患う子供を心配して、みたいに言われる方が多いような気がして葛藤がある。


 私にとっては母親に違いない。違いないからこそ、母親の悪口を言えば、私は不出来な親の娘であるという十字架も負うことになる。尚更恐ろしいのは、私の母親には双極性障害の気質がある。ほぼその症状は一致する。突然出かけたかと思うと、大量の買い物をし異常なほどにテンションが高い、よく喋る、夜まで眠らずに掃除をしはじめることもある(私にも同様の行為を要求することさえある)。かと思えば、日中もよく眠る、怒りっぽくなり電話などの対応で怒鳴り散らすことさえある(大抵は私に怒りの矛先が向く)。



 本人の機嫌がよければ、非常に優しい世話焼きなよき母親である。ただそういう時も以上に自分の価値観を押し付けたり、悪意があると取られるような発言をする。



 私がBMIでいうと18ぐらい。大して太ってもおらず、通常量を食べていても……
「太ってきて顔が丸い。ブサイクだ」
 そう言われて食事を残せば……
「私のご飯が不味くて食べれないのか、恩知らず」



 少し布団の上で眠れずに困っていると……
「マスターベーションをすると馬鹿になるぞ」


 足や腕の無駄毛を身だしなみとして剃ったら……
「誰とセックスしにいくの? 淫乱だ」



 こんなことは言われてきたことの1、2割ぐらいの内容。
 母親は特段若いわけでもない、私を産んだのは40歳も過ぎてからのことである。体への虐待という虐待もない。むしろ歳の離れた姉と違い甘やかされていた気さえする。



 いつからこんなに言葉の暴力に晒されるようになったのか。いつの間にか? たぶん歳の離れた姉が出て行った頃がはじまりだった。 私はそれで気づいた。何故、姉がはやくして結婚しでていったのか。姉はこのようなことを言われたことがあったのだ。
 母の異常性に気付いていたのだと思う。
 だからか、助けを求めた時、最初は電話で対応してくれたものの母親に散々罵られあまりかけてこなくなった。私はそれを見捨てられたとさえ思った。私にはもうそれ以上頼れる大人や身内がいなかったから。



 これが私が精神的に病んでいった主因でもある。 でも本当にそれだけが原因でもないような気がして、母を糾弾することが出来ない。そういうことがあったから、私がパーソナリティ障害になったのかもよくわからない。でもこんな環境にあった。今もある。そういうことを少しだけ記しておきたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。