BPDとその日暮らし

BPD(境界性パーソナリティ障害)と気分循環性障害(双極性障害)を抱えた無職(20代)の日々。母親は昨今で言う毒親、恋人とは共依存。

※BPDのメモ帳から一部記事を引っ越しました

BPDといま


 私はもともと中学生の頃にうつ病と診断され、高校生の頃に寝たきり一歩手前の中程度のうつ病と適応障害と診断されていました。重いうつ病になってから過剰服薬と入退院を繰り返すようになります。


 その後も色々と医者を転々としながら、双極性障害や解離性障害、統合失調症、境界性パーソナリティ障害、社会不安障害などと診断されてきました。
 今年の初夏も一時期メンタルクリニックに通院していたのですが、処方箋のODが止められないことなどから処方箋を貰わなければいいのだと再び通院をやめてしまいました。そのクリニックでは、境界性パーソナリティ障害には見えないと2回ほどの診察では言われたのですが、3,4回目の診察ではおおよそそうだろうという反応に変わっていました。


 現在うつが重いかと言われると、入院をはじめた4、5年ほど前に比べればはるかによくなっています。ただし、感情の起伏や思考はBPDの症状がメインです。
 以前に比べて憂鬱になる原因が環境ではなく、「まとまりのない何か」になってしまいました。
 いまは通院も服薬もせずに、ひきこもり状態であまり人と接触したりストレスを避けることでバランスを取っています。




 そのひきこもり状態も、転機を迎えます。
 来年度から、実家を出て同棲する予定です。重たい母親と距離置けること、自立して家事をすること、出来たらアルバイトや就職をすること。
 どこまで出来るのか、彼との共依存をよい方向にもっていくことができるのか。恋人が言っていた通り、人生の岐路がBPDの寛解につながることをひっそりと期待しています。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。